読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ReShatta2

せんこーこーこーりーしゃった!った!

感情で生きる

 中高生の頃は商業BLの存在意義がよく分かっていませんでした。2次創作のBLのほうが100000倍萌えるじゃんって思っていました。大学生になっても暫くその考えは変わらなかったんですけど、最近商業BL(小説)の魅力に気付いてきました。

 私はBLは好きだし常に新たな刺激を吸収していたいと思っているので、どんどん色んなジャンルに手を出してしまうタイプなのですが、そんな生活を9年も続けていると、(時間的にも金銭的にも)手が回らなくなり、いつしか「もうこれからは好きなことばっかしていられない(来年から社会人)し、ジャンル固定して狭く深くで生きていこう…」と思うようになっていました。でも、やっぱり新しい刺激(まだ見ぬBL)が欲しい。新しい刺激を得るためには新しいジャンルに触れないといけない。だけどもうジャンルは極力増やさないようにと決めた。でも新しいry  ぬぬぬ… と悩んだ末に、商業BLの存在を思い出しました。 

 例外もありますが、大抵は1冊~3冊程度で完結するので深くのめりこまずに済み、でも新しい刺激も得られる…という…。私の都合に合わせてくれすぎる…。最高や…腐女子界のカロリーメイトや… って最近よく感じています。