読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ReShatta2

せんこーこーこーりーしゃった!った!

キンプリ4DXを見ました

 キンプリ4DXを見ました。4DX自体初めてだったのですが、噂通り一種のアトラクション状態でした。面白かったです。あまりに迫力が凄かったので、初見じゃないのにも関わらず、劇中の半分は笑っていました。追記で書きなぐりメモ兼感想。

 

・とにかく座席が動く。プリズムスタァが踊ると地震が起こる状態。

・ある時は地面、ある時は人物、ある時は空気状態、ある時は風状態な客(私たち)。

・ときめきサイクリング(顔に水直撃で乙女激怒《してない》)

・無限ハグはどうやって演出されるのかと思っていたけど、まさかの背後から吐息(優しい風)

・画面両サイドから噴き出るシャボン玉のポテンシャルの高さったらない。ある時はプリズムの煌きとなりであり、ある時はヒロ様の涙となる…。 舞台オタの人は、「舞台は生き物。同じストーリー、演技でも、演じている人はやっぱり人間なので毎回ちょっとずつ違う」みたいなことをよく言うけど、キンプリ4DXではシャボン玉が「生き物的」性質にあたるのではないかと思った。私はまだ1回しかキンプリ4DXを見たことがないが、シャボン玉が綺麗に吹く上映とそうじゃない上映があると思う。4DXは生き物。(?)

・FREEDOMの時のカヅキ先輩の爆発で地鳴りが起こる座席最高。

・カヅキ先輩とアレク、コウジとシンちゅあんのダンスバトルシーンの「雌豚共‼これが4DXダァアアア!!!!」感。本当に楽しかった。アレクがドラゴン乗ってカヅキ先輩に向かっていくシーンは本当に自分がアレクの後ろに乗ってカヅキ先輩に向かっていく感があって、個人的にキンプリ4DXの中で1番盛り上がった。あとカヅキ先輩のあの回転(技の名前すぐに出てこない)で足切れるかと思った。マジで。あとコウジのハチミツキス、本当に香りが漂って来た。2D映画でも劇中で最も盛り上がるシーンだと私は思っているけど、それは4DXでも変わらなかった。あのシーンは何回も体感したいしあのシーンだけで普通の映画の倍のお金払った価値がある。

・ヒロ様が登場すると毎回薔薇(のような)の香りがする。あまりに個性的な香りだったため、家に帰っても香りを思い出してしまう。「あの人の香り…まだ残ってる…」な夢女体験が出来る。

・キンプリ4DX中最もリアルさに近づいた記者会見フラッシュくん

・4DXの座席は背もたれの部分の中にマッサージチェアみたいにごろごろ動く玉?みたいなのが入っていて、上映中もそれがちょっと仕事して背中にあたってたんだけど、思いの外気持ち良かったので、ヒロ様には一刻も早く「無限ハグ~肩たたきver~」を覚えて欲しいし4DXで披露してほしい。

・ただでさえ情報量の暴力(電子ドラッグ)映画であるキンプリだけど、4DXはさらにドラッグ。初見の人に4DXは勧められない(脳の処理が追いつかなくて笑い死ぬ恐れがある)。でも見てほしい。