ReShatta2

せんこーこーこーりーしゃった!った!

いまさら★DA LIVE METAVERSE 2019 CΘda growth 感想

 

 f:id:ati10-31:20190131221145j:plain

f:id:ati10-31:20190131221150j:plain

 先日、浅倉さんのソロライブに行きました。この時をどれだけ待ったことか!! 約2年半振りですよ。あの伝説の神ライブことquarter pointからもう約2年半も経っただなんて……!

mi8no.hateblo.jp

  というわけで追記で感想文です。

 ※レポではないです。

 ※思いつきを書き並べているだけなので読みづらいです。激痛ポエム集です。

 長文で書きたかったんですけど、記憶がほぼ抜けて、感情だけが残った()状態&時間がないので超短文です。時間がいっぱいあった大学生に戻りたいよう。っていうかQPの頃はまだ(ギリギリ)大学生だったんだなあと考えると時の流れェ......って感じです。 

続きを読む

31/19

 あけましておめでとうございました(大遅刻)。今年もこのブログをよろしくお願いいたします。更新しようしようと思って結局ここまで来てしまいました。このままでは今月1回も更新しないだろうと思い、尻を叩いた次第です。

 去年は良い事もありましたが、それ以上にクソ事案ばかりな厄年オブ厄年だったので、今年はマシになるといいなあと思います。今年は創作長編を一年掛けて書けたら良いなあと思っていましたが、早速短編創作を書いています。帰れ。秋に3本没にしているというスーパースランプ()中なので、今書いているのこそちゃんと完成出来たらいいなと思いつつも、なんか面白くなくて切ないです。。。

 あと、ブログで前々からポロッと言ってましたが、最近は格ゲー、というか鉄拳にめちゃくちゃハマっています。鉄拳の話をしている記事を書きたいなと去年から思っているのですが、鉄拳は楽しいし創作文書くのは楽しいしで、なかなかブログの記事まで手が回らないのが現状です。キャノンボーラーズのまとめ記事もまだ上げられてないしね、、、。

 ということで、また特に何の意味もない記事になってしまったので、昨日発掘した過去の私の死ぬほど語彙力がない文章のスクショを張り付けて、今回は終わろうと思います(?)

f:id:ati10-31:20190116183128j:plain

 高校3年生、センター直前。この語彙力なので、案の定翌年のセンター国語で爆死した(※センターに文章を書く問題はない)。

f:id:ati10-31:20190116183124j:plain

 ヱヴァQの感想文。語彙力が無さすぎる。

f:id:ati10-31:20190116183131j:plain

 無事に高校を卒業し、志望校にも受かり春休みをエンジョイしてる時に見た映画、「青い春」の感想文。中学生じゃないですよ、18歳の文章ですよ、奥さん。

 

f:id:ati10-31:20190116183159j:plain

 そしてこれは2009年(当時中3)のツイート。とても香ばしい。ちなみにアイコンは当時モノじゃないです。

 語彙力が信じられないほどなくて、ひっくりかえった昨日でした。文も書き続けていたら(というかツイッターを続けていたら)上達するもんなんだな、と思いました。というか、何かある度に「クソ」に頼るあたり、語彙力自体は昔とそんなに変わっていないと思うので(クソ)、表現力()というか思い通り書けるようになりはじめた、ってのが正しいのかもしれませんね。とりあえず、もっと上達するといいのですが。

 ということで、今年もよろしくお願いします。

終わりなき日常に生きる私たち

 コバルト様の第197回短編小説新人賞の最終選考作品に選んでいただけた拙作、「終わらない世界は黄土色を飲みこんで」についてネチネチ話します。経緯とか自分語りとかどうしてこんなのにしたのだとか。本編・選評、前回記事を読んでから読んでいただけると、入りやすいんじゃないかと思います。 

選評:

cobalt.shueisha.co.jp

前回の記事:

mi8no.hateblo.jp

 長くなるので要約すると、

 ・簡単には終わらない世界――終わらない日常で生きる、意志が弱くて根性がなくて自己中心的な人間の存在。

 ・「今の自分では駄目だ、この鬱屈な日常を変えたい」とは思っているけど、自分から変える気も気力もなくて、誰かが変えてくれるのを待っているけど、そんな漫画やドラマみたいに誰かが自分を連れ去ってくれるほど甘くない現実。

 ・そんな終わらない日常に生きていく、平凡で地味でどこまでも受動的な人間の存在。

 ってのが書きたかったのがこの作品です。

 詳しく聞いてやろうかという人は追記へどうぞ。トータルで1万字くらいあります。キモ。

続きを読む

24

 前回のあらすじ:

mi8no.hateblo.jp

 この夏はひたすら文を書いており、その作品が優秀作品に選ばれてはしゃいでおりましたが、実はもう一本書いておりました。そして、そのもう一本が先日、最終選考作品に選ばれました。

cobalt.shueisha.co.jp

f:id:ati10-31:20181208111549j:plainf:id:ati10-31:20181208111544j:plain

 これです。前回の記事で、「書いてる途中に別のネタが思いついて....」とか言ってましたが、これのことでした。こっちに力を入れてしまったので、エブリスタのほうがやり投げになってしまいました。

 読んでいただいたら分かるんですけど、西日本豪雨の直後に書いた作品なので、読む人を選ぶだろうし、テーマもキツいです。万人受けはしないだろう、だけど万人受けするように書いたらいけないようなテーマだと思ったので、叩かれる・選考落ちを覚悟して、振りきって書いたので、受け入れてくださった編集部の方には本当に感謝です。

 これで入選する気はなかったので、最終選考止まりなのは別にいいんですけど、でも、入選作品と同点だったので、そうなると話は別で、どうしても「あ~クソ~~!!!!」ってなってしまいました。と思いつつも、やっぱこれは素直に書かないといかなかった(=入選を狙って捏ね繰り回したらそれこそ一部の読み手を傷つけると思った)ので、これで良かったと思います。。。

 次投稿することがあったら、その時は読む人を選ばない、万人受けするような話を書こうと思います。.....けど、性格がねじ曲がってる私にそんなハートフル文章書けるのかな?

 

 ところで、この作品の主人公は「限りなく自分に近い他人」をテーマに描いたので、選評の「好感が持てない」だとか「友達はいるんでしょうか」みたいな発言がグサグサ来ました.....(^o^) 後にも先にも、これほど自分に近い人物を書くことはもうないだろうから、尚更..................。事実、私には友達が数えるほどしかいません.....................(大ダメージ食らってるじゃん)。

 まあでも、だからこそ文を書くのが好きなんだろうなって思いました。

 

 今年(というか3月くらいから)は、創作二次含めて短編小説をドカドカ書いていた一年でした。いつも、「文書くの楽しいし好きだけど、自分の文って傍から見れば全然おもしろくないんだろうし、才能ないんだろうな.....」って不安だった(し、それで最近モチベ無くなってゲームばっかしてた)んですけど、この一年で自分の文に少しだけ自信が持てました。来年は今書いてる短編一本と余裕があればもう一本完成させた後、長編に挑戦したいなと思っています。

 この作品には思い入れが沢山あって、もし入選だとか最終選考だとかにひっかかって、世に放たれた時にはブログで思いを綴ろうと決めていたので、また別記事で、ネチネチ書こうと思っています。経緯とか書きたかったテーマとかなんでこんな構成にしたのとかを。よかったら読んでやってください。

 

 とりあえず一旦終わります。

 

 

karats

 この夏はライブに行かず、ひたすら文を書いて合間にゲーセンでDDRをする、という生活を送っておりましたが、その文が選考に引っかかりました。よかった~~~~!

f:id:ati10-31:20181103000911p:plain

estar.jp

 これに応募してました。

 最終選考には残れませんでしたが、優秀作品には入れていました。良かった~~~~~~~~~~~~!!! マジで良かった~~~~~!!! 優秀作品といいつつも、沢山ある作品の中の一つなので大したことではないのですが、でも選んでいただけて本当にありがたいです。

 なぜこれに応募したかというと、あくまで原作賞なので文章力は関係なさそうだったから優秀作品以上に残れたら選評シートがいただけるからです。私の実力ではまだ選評を貰える域には来ていないと分かっていつつ(※この賞に応募しようと決めた時はまだ一度も選評を貰ったことがなかった)も、でもやっぱり欲しかったので、なんとかならないかなとネットの海を彷徨っていると、この賞を見つけ、100作品以内なら私にも望みがあるんじゃないだろうかと思い、応募しました。

 けど、書いている間にどんどん仕事で気が病んでいき、筆が止まり、二次創作でハッスルしてたり、別のネタが思いついてそっちにかまけていたりしていたら、この作品の執筆が超疎かになってしまいました。あっという間に締切がやってきて、慌てて書いた結果、酷い作品になってしまいました。読んでくださったら分かるんですけど、とにかく浅い.....。キャラ描写も心理描写も二人が結ばれるまでの過程もマジで浅い。話がベタなのは狙って書いたのでまあ許してほしいです(?)ので、優秀作品にさえも選ばれないかもしれないなあ....と思っていたので、本当に良かったです。

 それにしても、私の書く文はいつも途中で投げやりになっている感半端なくて、修行が足りませんなって気持ちになります。最後までしっかり書き抜く根気が欲しいし、プロットをしっかり練る落ち着きが欲しい(早く書きたい気持ちが抑えきれず毎回見切り発車をしてしまう)です。

 

 ところで、今年の3月から毎月1本は作品を完成させると決めて、書き続けていたのですが(※欲に負けて二次創作短編を1本って月も結構あった)、今更ながら、付け焼刃感・自転車操業感半端ねえなということに気が付きました。選評が欲しいならじっくり中長編を書くべきなのかな~って今回の出来事で思いました。ので、来年は中長編に挑戦してみたいです。文章書くのしんどいけど超楽し~~~~~~!!!!!

 あと、ここだけの話なのですが、上記のアドレスから私のアカウントページに行くと、一日で書いて賞に投げ送って、案の定落選した作品も読めます。こっぱずかしい。

 

 話は全く変わりますが、最近PS4を買い、鉄拳とKOFを始めました。めちゃくちゃ楽しいです。その話はまた別の時にしようと思います。とりあえず、対戦(でボコられるの)が楽しい。

MUSIC TRIBE2018で見たSUGAR SHACK FAMILYがめちゃくちゃ良かった

 私、サノ☆ 色々あって、一生ハマることは無いと思っていたLDHにうっかりハマってしまい、今やTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの大ファンな23歳☆

 今日は待ちに待ったMUSIC TRIBE2018☆ 地元の岡山でTHE RAMPAGEが拝めるという奇跡の音楽フェスだよ☆ 音楽フェスだからランペ以外のアーティストも出演するんだよね☆ えーっと、次はSUGAR SHACK FAMILYっていう人達なんだー☆ 良く分かんないけど、オッケー☆ ピカピカ棒振り回しとくね☆☆☆

 

  は? この人らめっちゃかっけえやん..........................

 

 って衝撃が走ったのが、先週の出来事でした。

 実際は、このユニットの存在自体は前々から知っていましたが。RAMPAGEのRIKUさんがラジオ番組(WEEKEND THE RAMPAGE)内の自分のおすすめの曲を紹介するコーナーで、彼らの「SUGAR SHACK」という曲を紹介していたから。「ミウラダイチィ~↑」というフレーズから始まり、メンバーの名前を挙げた後に、お洒落なメロディに乗せて「シュゥガァシャァ~~~~ック↑↑」と、自らのユニット名を唱え続ける印象的な曲だったから。

 

SUGAR SHACK / Full Of Harmony, LL BROTHERS, 三浦大知, HI-D, LEO from plusGROUND on Vimeo.

SUGAR SHACK

SUGAR SHACK

 

 

 これ。

 普通に好きな感じの曲だったので、ちゃんと聴いてみたいなと思いつつも、生活が忙しいので結局聴かずにいました。その結果がこれです。

 めっちゃかっこええが........................................。

 私と同じくTHE RAMPAGE目当てで来た無防備なfamたちの多くは、SUGAR SHACK FAMILYにヤられて帰ってきたことでしょうと思い、これを書いているところです。LDHアーティストの曲を手掛けているしなんならランペにも関わっている方や、LDHに所属している方もいるこのユニットが、fam(LDHアーティストファンのこと)に刺さらないわけがなかったのです。お洒落&かっけえのオンパレードでした。そしてこの言い方は死ぬほどダサい。

www.facebook.com

 大人の余裕感溢れるセクシーでファンクでトレンディ(って評価で合ってるのかな......)な雰囲気。だけど、楽しそうに歌っている且つ「みんなで盛り上がろうぜ!」感が伝わってくるパフォーマンスだったという面では凄くポップで、もう本当に素晴らしいとしか言いようが無いライブでした。


「NEON SIGN」Full Of Harmony, LL BROTHERS, LEO, HI-D, CIMBA, TSUYOSHI & Lugz&Jera -Trailer-

 特にNEON SIGNなんかほんと感性にブッ刺さりまくって、聴いていて脳汁がドッバドバ出ているのを感じました。たまらなさすぎました。

 言ってしまえば、あの空間の大半はランペのためだけに来たような人たちで構成されていたでしょう。その中で、堂々と自分たちの音楽を貫いている……なんてかっこいい音楽をする人たちなんだ……!!!! って感動していたら、あっという間に30分が終わってしまい、「ああめちゃくちゃ良かったなあ……なんか良い夢を見ていた感じだったなあ……」と余韻に浸っていると、大本命のRAMPAGEのターンがやってきて、「あ、待って、まだSUGAR SHACK FAMILYの膨大な情報量を飲みこめていない、あ、ちょっと、待っ......、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE最高~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!! LDH最高~~~~~~~~~~~~!!!!!」ってなりました(何の話だよ)。

 RAMPAGE目当てで来たはずだったのに、イベント後はSUGAR SHACK FAMILYのことで頭がいっぱいになっていて(※ランペが良くなかったという訳ではないし、寧ろランペイジはいつも最高のパフォーマンスを魅せてくれて最高のユニットです(語彙力)。けど、不意打ちをやられてしまったのでついそうなってしまった)、「かっけえ~~~~~~~~~~~~~~!  もっと曲聴きてえ~~~~~~~~~~!」ってなりながらレンタルショップに車を走らせましたが、無かったので、イーッ!ってなりながら家に帰りました。アフターパーティにいきなり飛び込む勇気はありませんでした......。

  で、家に帰って彼らのことを調べましたが、ま~~~~~~情報が無い!!!!!!!!!!!! ここ一年ほどLDHという名の福利厚生ばっちりランドで過ごしていたので、尚更ダメージがデカい。facebooktwitterの流動的な情報だけじゃ全然分かんねえよ、概要は、曲は、これまでの活動は、ライブはやっているのか、教えてくれよ教えてくれよお......!!!!! 

 となりながら、頑張ってネサフしまくって、SUGAR SHACK FAMILYとは、日本の男性R&B界で名を馳せている人たちが集まって構成されている、いわば日本R&B界のスーパーヒーロー大戦状態、あるいはR&B界のEXILEみたいなドリームチームであることや、ライブで脳汁がドバドバ出まくったあの曲はNEON SIGNという曲で、配信限定曲であることや、「シュゥガアシャァ~~~ック↑↑」と唱え続けるあの曲が収録されているアルバムも配信限定であること、普段は個々で活動しているのでこのユニットでライブをすることは滅多にないし、あの日がユニットとしては超久しぶりのライブで、ファンからすれば超貴重なところに立ち会っていたということを知りました。

 けど、まだ情報が足りねえ......! でもぐぐっても先人たちによる情報が全然集まらねえ.....! となると、自分の力で知っていくしか方法はないので、とりあえず、SUGAR SHACK関連の曲を購入して聴いて楽しんだ後、次は個々の作品に触れて行こうと思い、今は個人的に最も馴染みがあるLL BROTHERSの曲から掘っている最中です。めっちゃかっこいい。

 あれから一週間が経ちましたが、未だにSUGAR SHACK FAMILYのライブを思いだしては「あ~また見たいなあ~」ってなっているので、早くライブしてください本当にお願いします。あんな最高なものを見せられてしまったのに、情報が無さすぎて、超飢え散らかしているので、責任取ってください。あの幻の熱狂感をまた味わいさせてください、お願いしますお金なら出しますから.......!!!(?)

 そしてみなさんも是非SUGAR SHACK FAMILYを聴いてみてください。こんなにかっこいいのに、知る人ぞ知る状態なのが勿体なさすぎるよ......。

 ......っていうことは、直接本人らに言えばいいことなんでしょうけどビビリ故言えないので、ここに書いておきます。という記事でした。

 

  それにしても、この記事、本当はライブ翌日(熱が熱いうち)に力入れて書きたかったんですけど、忙しくて余裕がないので、結局、約一週間後の今日、思いつくまま書き殴る構成もクソもない雑記事になってしまいました。仕事って本当にクソだなと思いました。終わり。

ワンモアラブリー

 気が付けば9月ももう下旬だというのに、ブログを一回も更新していないことに気が付き、慌てて記事を書いています。相変わらず勉強に追われているとはいえ、最近は力の抜き方という名のサボり方を覚えたので(クソ)、時間に余裕はあったのですが、ずっと創作文やら二次創作文を書いていたのでこちらが疎かになってしまいました。

 創作文を書くこと自体は楽しいのですが、今書いてるものの話が死ぬほどつまらなくてずーっと頭抱えています。面白くなさすぎるのでもういっそやめてしまえばいいのかもしれませんが、とりあえず完結させることに意味があるだとか思ってしまったり、結構かいたので放置するのもなんだかと貧乏性が炸裂したりで、モヤモヤしています。っていうか書きたいテーマに自分の技術が追い付いていない感が半端なくて悲しい......。

 

 そういえば、DDRをやっていると以前からお話していましたが、3kg減量に成功しました。やったぜ。健康診断でその数字を見た時は、マジで嬉しくて踊りだしそうになりました。細かいことはかけませんが、実は会社の食堂でありえんほど量が多くて(大学時代の昼食の3倍ぐらいの量)味が濃いカロリー飯を毎日無理矢理食わされていて、太らざるを得ない状況にいるというのにこの快挙です。もし食堂で馬鹿みたいに食わされていなかったらもっと痩せられていただろうに。

 というわけでDDRダイエットは本当に効果あったのでおすすめです。ちなみに私は間食を抑えるのを大前提として、週1、1時間~1時間半ペースで、☆7~13あたりの譜面をやっていました。SPもDPもやっていました。あとDDR後の空腹を水ガブ飲みで紛らわせていました。多分もうリバウンドしているので、あれですが。。。

 あとは相変わらずRAMPAGEにクソはまっています。最近アルバム出たからみんな聴いてみてね。